スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazon Elastic Block Store(EBS)をmysqlに利用 (前編)

障害が起こる度にサーバーに保存されていたデータが消滅してしまうと言う怖い特性を持つEC2でバックエンドのデータベースサーバーを運用することは今まで、非常に困難でした。

そこで救世主のように登場したのがAmazon Elastic Block Store(EBS)です。
今日は前編ということでこのEBSの概要を説明していきたいと思います。

EBSは一言で言うと障害に強くて、なおかつ高速で動くストレージです。
その特徴をまとめると以下のようになります

特徴1 障害等でインスタンスが消滅してもデータを保っていられる
特徴2 確保したEBSの領域はディスクデバイスとして動作するのでSMBやNFSに比べて通信のオーバーヘッドも無く非常に高速で動く
特徴3 サービスを停止することなく現在の状態をスナップショットとして保存出来る。
特徴4 複数のサーバーからEBS領域をマウント可能

このような特性を持っていて、バックエンドサーバーのデータベースのデータ保存先として運用するのに最適な特性を持っています。
EC2には、もう一つSimpleDBというものがありますが、これは独自のデータベースであり、コードの書き換えなどの作業が別途発生することや、性能が未知数であること、普及していないので情報を得にくいなどの問題があります。

EBSが出来るまではEC2はフロントエンドの運用に適したサーバー環境でしたが、このEBSが加わったことによってバックエンドの運用にも強い環境になったと言えます。

特に、データベースの運用で一番のネックであるバックアップ機能をアマゾンが用意してくれる点、複数のマシンからマウント可能な点はうれしすぎます。
例えば、データベースサーバーに障害が起こった場合、新しいインスタンスを起動してそのインスタンスからEBS領域をマウントしてサービス再開
問題があれば、即座にスナップショットに保存されているデータにロールバックしてサービス再開

そんなことが思うがまま、しかもデータのバックアップ先はS3で容量を気にすること無くガンガン使えるなんて、うれしすぎます。

特に高速ストレージは簡単なようで実際には、一流メーカーの製品でもはずれを引くとRAIDコントローラーが、限界スピードで安定しなくて原因不明のスローダウンを起こしたりで楽ではないです。検証作業などにかかる時間と労力はアマゾンが引き受けてくれる訳です。
エンジニアは抽象化されたデバイスを操るだけで温度もドライバも、マザーボードとの相性もみんな忘れられるんです。

なんてすてきなんでしょうAmazon EBS

さて次回はいよいよ「Amazon EBSを実際にmysqlで使ってみる」です。
スポンサーサイト

テーマ : インターネットサービス - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

未来探偵コナン

Author:未来探偵コナン
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
エンジニア推薦商品

こいつはかなり期待出来るゲームです。とにかく世界観がすごいです


魔王になってダンジョンに攻めて来る勇者をあの手この手で撃退するゲーム(モンハンよりはまります)


真のエンジニアは小物で差を付ける?会話が始まりそうなアイテムです


やっぱり最強は少佐の声の暗闇の雲でしょ by タチコマ


ガンダム型のUSBメモリ(熱いぜ)


綾波レイ型のUSBメモリ(コイツも熱いぜ)


ルパン型のUSBメモリ(いつ見てもカッコイイぜ)


ウルトラマン型のUSBメモリ(存在自体がユニバーサルデザイン)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。